国産ドッグフード安心してワンちゃんに食べさせられるドッグフード

このページではワンちゃんに安心して食べさせられる国産ドッグフードについて書いています。

 

安心してワンちゃんに食べさせられる国産で安全なドッグフードをお探しの方
国産のドッグフードで安全なものってあるの?

という方の参考になれば嬉しく思います。

 

そもそも国産で安全なドッグフードってあるの?

国産で安全なドッグフードもありますが、安全でないドッグフードもあります。

 

初めに安全でないドッグフードの見分け方についてお話しします。家族の一員であるワンちゃんのためにもしっかり覚えておきましょう。

安全でないドッグフード

  1. ミール系・パウダー系の原料を使っている
  2. 香料や酸化防止剤を使用している。
  3. 主な原料が穀類となっていて、カサを増している。

 

ミール系・パウダー系の原料を使っている

安全でないドッグフードの原料を青で表示しました。

安全でないドッグフード 原材料名

穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー)、豆類(脱脂大豆、おから粉末、大豆粉末)、油脂類(動物性油脂、γ-リノレン酸)、ビール酵母(β-グルカン源)、乾燥キャベツ、オリゴ糖、カゼインホスホペプチド、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、グルコン酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、香料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)
アミノ酸類(アルギニン、メチオニン)、バチルスサブチルス(活性菌)

 

一番問題なのが、「ミール系・パウダー系の原料」を使用されていることです。

上の写真にも、チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダーと記載されていますが、

実はこのチキンミールには鶏肉以外の部位(くちばし・トサカ・羽・内臓・足など)を混ぜて作られていることが多く、実際には何を原料にしているかは全く不明です。

「ミール系・パウダー系の原料」が記入されていると購入を避ける愛犬家の人が多いのが事実です。

 

以前狂牛病が流行した時に狂牛病の牛を処分してその肉や骨を粉にして牛肉粉や牛骨粉として販売されていたこともあります。

それほどペットフードに対しての規制がないのです。

ですから、飼い主さんが安全なドッグフードを探し出さないとワンちゃんの健康を守れなくなっているのです。

 

香料や酸化防止剤を使用している。

香料を使うのは、食いつきをよくするためんです。

原料本来の香りでなく人工的にワンちゃんが好む香料をつけて、食いつきをよくしているのです。

 

ドッグフードに使われる酸化防止剤は、ミックストコフェロールという脂肪酸やビタミン類の酸化を防止する成分です。

しかし、ミックストコフェロールのような酸化防止剤は保存期間が短いので、少量を少しずつ買うことをおすすめします。

酸化防止剤が配合されていないドッグフードを探すようにしましょう。

 

主な原料が穀類となっていて、カサを増している。

原料の一番初めに書いてある原材料が一番多く使われています。

さっき紹介した安全でないドッグフードの原料を載せましたが、安全でないドッグフードは穀類が一番多く使われていることがわかります。

 

安全でないドッグフード 原材料名

穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)、肉類(チキンミール、牛肉粉、豚肉粉、チキンレバーパウダー)、豆類(脱脂大豆、おから粉末、大豆粉末)、油脂類(動物性油脂、γ-リノレン酸)、ビール酵母(β-グルカン源)、乾燥キャベツ、オリゴ糖、カゼインホスホペプチド、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、クロライド、鉄、銅、マンガン、亜鉛、グルコン酸亜鉛、ヨウ素、コバルト)、ビタミン類(A、B2、B6、B12、D、E、パントテン酸、コリン)、香料、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)、
アミノ酸類(アルギニン、メチオニン)、バチルスサブチルス(活性菌)

 

このように一番多く使われる原材料名が最初に表示されます。

このドッグフードでは、穀類(トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすま)が一番多く使われています。

しかも、コーングルテンフィードや脱脂米糠も本来なら捨てられるはずの原材料であるため、栄養価はほとんどありません。

 

 

安全なドッグフードは、

上の写真のように、トウモロコシ、脱脂米糠、コーングルテンフィード、小麦ふすまなど捨てられる原材料は一切使用していません。

また、いちばん多く使っているのが鶏肉です。

こんなドッグフードを与えたら、ワンちゃんはきっと大喜びするでしょうね?

 

簡単に安全でないドッグフードの見分け方をお話ししました。

 

家族の一員であるワンちゃんには国産の安全出来るドッグフードを与えたいとですよね?

人間の食と同じようにワンちゃんの食も考えてみましょう!!

最近ではペットロスという言葉もあるように、ペットは家族の一員です。

家族の一員なのに、ペットの食は人間ほど規制がありません。

ドッグフードは人間が食べられないような原料を使って生産されています。そんな危ない原料のドッグフードは大切な家族には与えたくないと思いませんか?

 

私達も食べられる高品質のドッグフードを紹介します。

 

人間も食べられる安全な国産ドッグフード

人間も食べられるドッグフードを!!

我が家では ずっとワンちゃんと一緒でした。

うちのワンちゃんはささみジャーキーが大好きでしたが、獣医師によると、塩分が強いジャーキーは与えないようにしてくださいと言われました。

それから、ドッグフードは成分表示をしっかり確かめて、味見をしてからワンちゃんに与えるようにしています。

 

やっと近年、ヒューマングレードと言われるようになってきましたが、とっても喜ばしいことです。

大切な家族の食事だから、私たちもも食べられるような品質のドッグフードを探してみました。

 

人間も食べられる安全な国産ドッグフード第1位 UMAKA
UMAKA -美味華- (うまか)

人間も食べられるドッグフード
大切な家族の食事だから、ヒューマングレードを超える品質を。
愛犬の食事に水たき料亭「博多華味鳥」が、料亭でお出しするのと同じ鶏を使用してドッグフードを作成。
九州の自社養鶏場で育てた「華味鳥」を100%使用し、その他の原材料もすべて国産。

着色料、小麦グルテン、オイルコーティングはすべて不使用で、安心と安全にこだわったドッグフードです。

初回限定キャンペーン実施中

  • 全件種・全年齢オールステージ用
  • 内容量1.5kg
  • 通常価格4,980円(税別/送料別)

初回は1,980円(税別/送料込み)でお試しできます!

人間も食べられる安全な国産ドッグフード第2位 いぬはぐ

いぬはぐは、おなかのことを考えて作った「乳酸菌×オリゴ糖」入りの
総合栄養食ドッグフードです。
子犬からシニアまで安心して食べられるように、
人間も食べられるヒューマングレードの食材を使用し、
アミノ酸、EPA&DHA、グルコサミン&コンドロイチンも配合し、
健康志向にもとことんこだわっています。

添加物一切不使用、小麦粉フリーでアレルギーのワンちゃんにも安心です。
おなかのことを考えて作っていそうなドッグフード人気No.1も獲得し、
雑誌にも多数取り上げられています。

定期コースでは、初回2,980円 クレジットカード決済は2,480円、送料無料のキャンペーン実施中

初回だけで、解約可能です。

人間も食べられる安全な国産ドッグフード第3位 Drケアワン

動物栄養学博士が監修した愛犬の健康寿命ケアを考えたスペシャリティードッグフード
ワンちゃんに必要な栄養をバランスよく配合し、国内厳正素材を使用して製造しました。

  • 動物栄養学博士監修
  • 抗酸化成分による免疫力の維持
  • 高品質タンパク質が老化による衰えやすい筋肉を助ける
  • 加齢による関節機能の低下に対応し健康な関節を守る
  • 国産、無添加で安心して与えることができる
  • 国産無添加の為、消化がよく涙やけのケアにお薦め

初回1,980円(税別)
30日間返金保証
停止休止いつでも可能

ワンちゃんの専門家が飼い主さんをサポート

 

国産ドッグフード UMAKA(美味華)がおすすめです。

UMAKA(美味華)は、博多の有名なブランドどり「華味鳥(はなみどり)」を原料として作られているドッグフードです。

 

 

華味鳥は博多ではとても有名なブランドです。その華味鳥を利用して作られているのならおいしくって当たり前です。

実際に私も味見をしましたが、いくつでもポリポリと食べられます。

鰹節の味がして、とっても美味しかったです。

 

原料の鶏肉の質が良くって、そのほかの配合成分も安心出来ます。

家族の一員に安心して食べされられるドッグフードを選んで下さい。

配合成分、安全性、それにはなんといってもUMAKAがおすすめです。

 

こだわり品質のドッグフード【UMAKA -美味華- (うまか)】